牡蠣の栄養素〜ミネラル〜

牡蠣の栄養素〜ミネラル〜

牡蠣はミネラルたっぷりの食品で・・・というような説明を何度聞いたことでしょう。
牡蠣はそのとおり、ミネラルが豊富な食品であるのです。ミネラルっていったいどのようなものがあるの?という基本的なことから説明しましょう。
ミネラルと言うのは、亜鉛、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンを指します。
意外と種類が多いという印象ですよね。
これらミネラルに属する栄養素というのは、どれも重要な役割のあるものばかりで、継続的に摂取して行きたいものばかりです。
特に牡蠣と言うと亜鉛ということになりますが、亜鉛の役割というのは体全体及ぶ上に、男女関係なく必要なものばかりです。
女性ですと、新陳代謝を良くして肌や髪をキレイにする効果、基礎代謝をあげて痩せやすい効果を得るということを筆頭に、妊活にも効果を発揮します。
男性ですと、薄毛や白髪の予防効果や改善効果、妊活効果や性に関する効果(勃起の悩み、精子量や運動量の悩み)もあります。
また、味覚障害という症状のほとんどは亜鉛不足から来ているので、特に効果を発揮します。
成長期の子供たちには重要な成長を促す効果もあります。
これ以外にもあらゆる効果があるので、人間全体に効果のあるものなのです。
しかし、亜鉛というのは重要な成分でありながらも、牡蠣がダントツに多く含みますが、その他の食品ではあまり多く含まれていないのです・・・。