ホワイトな会計事務所に就職したい!ブラックな事務所を事前に回避するコツ

こんにちは、東京の会計事務所で所長を務めている朝比奈拓哉です。

吹き出し 女性 画像
就活者
会計事務所ってどこもブラックでやばいんでしょ?
吹き出し 画像
就活者
ホワイトな事務所に就職したい!
吹き出し 男性 画像
就活者
ブラックな事務所への就職を回避する方法が知りたい

本記事を読んでいる方は、上記のように考えているのではないでしょうか。

たしかに、数ある会計事務所の中には、大手や個人に関係なくブラックな事務所もあります

 

実際に、弊所の求人に応募してくださった何人かの方に転職理由を聞いてみたところ、

吹き出し 画像
就活者
前の事務所は雰囲気が悪く、残業も多くて大変でした…

と答えている方がいました。

その方は税理士試験の合格を目指していましたが、とても勉強どころではなかったそうです。

そこで本記事では、ホワイトな会計事務所に就職したい方向けに、ブラックな事務所を事前に回避するコツについて解説します。

【東京都内】税理士資格の取得支援を行なっている会計事務所の求人はこちら

「忙しくない会計事務所=ホワイト」ではない

吹き出し 画像
就活者
多忙な会計事務所はブラックだから就職しないほうがよい
スーツ 吹き出し 画像
就活者
ホワイトな事務所は忙しくない
吹き出し 女性 画像
就活者
個人事務所は人手不足で忙しいから、大手事務所に就職したい

そう考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論から述べますと、どんな会計事務所にも繁忙期がありますし、大手事務所でも激務なケースがあります

本項目では、上記の2点について詳しく解説します。

就職・転職活動後に後悔しないためにも、まずは本項目の内容を確認しておきましょう。

どんな事務所にも繁忙期がある

どんな会計事務所にも繁忙期がある大きな理由は、特定の期間に業務が集中するからです。

たとえば、確定申告を代行している会計事務所では、2月中旬から申告期限の3月中旬まで申告作業が集中して繁忙期となります。

さらに、決算期が12月の法人が顧問先にいる場合、申告期限の2月末まで業務が集中します。

 

他にも、

  • 11月~12月:年末調整
  • 1月:償却資産申告
  • 4月~5月:3月が決算期の法人の決算業務

上記の業務があるため、多くの会計事務所では年末から5月末にかけて繁忙期です。

個人事業主や法人のクライアントを抱えている会計事務所では、上記のような期限が決まっている業務を行なっているため、特定の時期に繁忙期を迎えます。

 

一方、クライアントが少ない会計事務所では、確定申告の期限が過ぎるとあまり忙しくありません。

吹き出し 男性 画像
就活者
じゃあ小規模の個人事務所に就職しようかな

と考える方がいるかもしれませんが、仕事が楽な分デメリットもあります。

業務量が少なければ給料は低いですし、事務所が維持できなくなって失業する恐れもあります。

 

とにかく、繁忙期がない会計事務所=ホワイトではないと覚えておきましょう。

大手事務所でも激務なケースがある

スーツ 吹き出し 画像
就活者
スタッフが多い大手会計事務所に就職すれば忙しくないでしょ

上記のように考えて、大手会計事務所への就職を検討している方がいるのではないでしょうか。

結論から述べますと、大手会計事務所でも激務で残業しなければならないケースがあります

 

会計事務所では、スタッフを増やすと中間管理職を置く必要があります。

スタッフの人数が10人、20人と増えると、所長がスタッフを管理しきれなくなるからです。そして、いくつかの部署を設けて業務を分担します。

スタッフ全員で一つの業務に取り組むわけではないため、大手事務所だから個人事業主よりも楽とは限りません。

 

さらに、大手会計事務所を維持するためには多くのコストが必要になるため、単価の高い難しい案件を受ける傾向があります

業界未経験の新人スタッフであれば、業務を進める中でわからないことが出てくるケースもあります。

しかし、調べる時間は業務時間に含めない会計事務所が多いため、定時に退勤できない日もあるでしょう。

 

「大手会計事務所はスタッフが多いのでホワイトだろう」と決めつけて、就職先を決めないようにしてください。

【東京都内】税理士資格の取得支援を行なっている会計事務所の求人はこちら

【就職前にわかる】ブラックな会計事務所の特徴と傾向

会計事務所がブラックかどうか判断するのは、実際に就職してみなければ難しいです。

職場の雰囲気や具体的な残業時間や休日出勤の日数なんて、求人を見たり所長に質問したりしただけではわかりません。

 

そこで本項目では、ブラックな会計事務所の特徴と傾向について解説します。

本項目の内容を確認しておけば、就職を検討している職場がブラックな事務所かどうかを、事前に判断できるようになります。

それでは順番に見ていきましょう。

夜遅くに事務所の電気がついている

マトモな会計事務所であれば、繁忙期は忙しいですが閑散期は忙しくありません

しかし、ブラックな会計事務所では、繁忙期と閑散期の境目がありません

所長が事務所のキャパシティを考慮せずに仕事を受けるため、

  • 毎日スタッフが大量の業務に追われる
  • 深夜までの残業が当たり前
  • 休日出勤させられる日もある

就職すると上記のような環境で働かなければならない恐れがあります。

あなたが税理士試験の受験生である場合、とても受験勉強どころではありません。

 

会計事務所がブラックかどうかは、閑散期の夜遅くに建物の電気がついているかで判断できます

閑散期にもかかわらず連日夜遅くに建物の電気がついていれば、ブラックの可能性が高いです。

朝比奈拓哉 画像
朝比奈拓哉
月末は法人の決算があり事務所によっては忙しいので、月初に確認してみましょう

所長の性格がブラック

ブラックな会計事務所の所長は、性格がブラックな傾向があります。所長の性格は会計事務所の経営方針に大きな影響を与えるからです。

多くの会計事務所では、所長と同等かそれ以上の発言権を持っているスタッフはいません。

そのため、所長が稼ぎだけを重視するブラックな思考の持ち主である場合、スタッフは大量の業務を押し付けられて毎日残業しなければなりません

 

所長の性格がブラックかどうかは、採用面接時に確認できます。

圧迫面接を実施したりあなたやスタッフを見下すような言動をとったりしたらブラックの可能性があります。

就職面接時に所長の態度が悪い場合は、好条件でも就職しないようにしましょう。

未経験者の年収が300万円を切る

ブラックな会計事務所の特徴として、未経験者の年収を300万円未満に設定している点があげられます。

もちろん、会計事務所によって業務量が異なるため、未経験者の年収が300万円未満だからといって必ずブラックとは限りません。

 

こちらは他の項目と合わせたうえで、ブラックな会計事務所かどうかを判断してみてください。

所長の年齢が高くてスタッフの平均年齢が若い

所長の年齢が高くてスタッフの平均年齢が若いのも、ブラックな会計事務所の特徴といえます。

たとえば、所長が60代でスタッフの平均年齢が20~30代の場合、40~50代の中堅スタッフが事務所の経営方針に付いていけず辞職している可能性があります。

 

就職したい会計事務所を見つけたら、事務所見学か就職面接時に事務所を構成しているスタッフについて質問しましょう

薄利多売で利益率が低い

税理士報酬が低い薄利多売な会計事務所では、多くの仕事を受けないと利益を残せません

そのため、所長は多くの仕事を受けて事務所に利益を残そうと考えます。

すると、スタッフの業務量が多くなり、残業や休日出勤が当たり前になります。

朝比奈拓哉 画像
朝比奈拓哉
事務所によっては残業代を出してもらえないケースもあるでしょう

 

会計事務所の税理士報酬はホームページで確認できます。

他の項目と合わせたうえで、会計事務所がブラックかどうかを判断してみてください。

【東京都内】税理士資格の取得支援を行なっている会計事務所の求人はこちら

ホワイトな会計事務所かどうかを確認する方法

最後に、会計事務所がホワイトかどうかを確認する方法について解説します。

就職したい事務所を見つけたら、本項目で解説している内容を面接で質問してみましょう。

未経験者を採用しているかを質問する

事務所見学か就職面接時に、未経験者を採用しているかを質問しましょう。

未経験者を採用する会計事務所には、新人スタッフの教育体制に自信がありスタッフを大切にしている傾向があります

 

すべての会計事務所がそうとは言いませんが、未経験者を採用しない事務所は教育体制が整っていないケースがあります。

ですので、業界経験が浅い方は、なるべく未経験者を採用している会計事務所を選ぶようにしましょう。

残業時間や休日出勤について質問する

残業時間や休日出勤についても質問しておきましょう。

だいたいの会計事務所の求人では、残業について「繁忙期はあり」程度しか記載されていません。

ですので、事務所見学か就職面接時に、具体的な残業時間や休日出勤の日数について質問してみてください。

朝比奈拓哉 画像
朝比奈拓哉
状況によるので答えられないと言われたら、昨年はどうだったのかを聞いてみてください

税理士試験の前に有給を取れるかを確認する

税理士試験の受験生の方は、試験前休暇を有給を取得できるかを確認しておきましょう。

税理士資格の取得を支援している会計事務所では、試験前にまとめて有給を取得できます

利益優先でスタッフに残業や休日出勤させるブラックな会計事務所では、試験直前だからといってまとめて有給を取得させてもらえません。

税理士試験よりも仕事を優先させられます

 

ですので、税理士試験の受験生が会計事務所を選ぶ際は、

  • 試験前休暇を有給を取得できるか
  • 試験前に何日まとめて有給を取得できるか

事務所見学か就職面接時に上記の内容を確認しておきましょう。

まとめ

今回は、ホワイトな会計事務所に就職したい方向けに、ブラックな事務所を事前に回避するコツについて解説しました。

 

ここまで、会計事務所がブラックかホワイトかを判断するコツについて解説しましたが、完全にホワイトな会計事務所はなかなかありません

本記事で解説した内容を参考にしながら、ブラックな事務所への就職を回避しつつ、よりスタッフを大事にしてくれる会計事務所を見つけて求人に応募してみましょう。

【東京都内で働きながら税理士試験の合格を目指す方へ

私が所長を務める東京都内の税理士・会計事務所では、正社員の会計税務スタッフを若干名募集しています。

・月給25万~
(前職の給与を考慮します)

・学歴不問
・業界未経験OK
・デスクワーク中心
・営業や訪問なし
・フレックスタイム制
・繁忙期以外残業なし
・残業代全額支給
・事務所が駅近
・所長が若く風通しが良い

・簿記二級以上必須
(税理士試験科目合格者でも可)

研修動画や所長による徹底サポートを用意していますので、業界未経験の方も安心してご応募ください。

また、所長が資格試験に短期合格するための勉強法を教える個別指導塾を運営しており、

事務所内の勉強スペースを自由に利用できます。

事務所全体で働きながらの税理士資格取得を応援する体制を整えています。

お気軽に以下のフォームよりご登録ください、折り返し求人応募フォームをお送りいたします。

 

 

※求人への応募が完了するわけではありません
※登録直後にメールが届きます

※届かない場合は迷惑フォルダかメールアドレスの入力ミスがないかをご確認ください
※ご登録いただいたメールアドレスはプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします
※許可無く第三者に情報を譲渡・貸与することはありません